子育てサロンスイミーin渋谷区代々木/初台・参宮橋

アクセスカウンタ

zoom RSS 【スイミー子育て論】 みんな違ってみんないい。子どもと自分の応援団になろう♪

<<   作成日時 : 2017/10/09 11:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

*スイミーサロンからのお知らせ*
(サロンの募集状況・ホッとひととき保育単発の空き状況などもこちらをご覧ください)




10月20日(金)開催の【子連れでOK!アイシングクッキー ハロウィンスペシャル☆コラボ1周年 感謝企画】 
お休みが入りましたので、若干名募集中です





画像


スイミーサロン、毎日楽しく開催しています

写真は、順番に、手遊び・ベビーマッサージ・骨盤ケアバレエ・親子リトミックの様子です



そんなスイミーサロンの手遊び・ベビーマッサージにご参加くださった方が、開催後に、なんとも素敵なメールをくださいました

私たちのメールのやりとりが、今子育てにがんばっておられるお母さま方への子育てのヒント(orメッセージ)になれば幸いです。

ブログ掲載にご快諾をいただきましたMさん。どうもありがとうございます



一昨日の夜も嬉しいびっくりな続きがあったのでご報告させてください。

なんと、上の子が寝る前にマッサージをしていたら、

私に何度も「ママ大好きだよー」と言ってくれて、何回もチューまでしてくれたんです!

いつもは私がチューすると、やめてよーと笑いながら嫌がって逃げるのに。

あんな風に可愛くチューしてくれたのはいつ以来でしょうか。


それから、いつもは私がギューと抱っこしようとすると、早く終わってというように急いで10まで数えて、もう終わり、と逃げてしまうのに

(私が彼の遊んでいたいタイミングでギューしてしまうせいかもしれないですね)

その夜は、自分でゆっくり100まで数えながら私にギューしてくれて、

「ママ、生まれてくれてありがとうね。うれしくて涙が出ちゃう」と言ってくれたんです。

普段私が息子と娘に言っている言葉なのですが、それを聞いて私もつい涙ぐんでしまいました。

びっくりです。

そして、本当は彼はこんな風に素直に甘えたかったんじゃないのかなと思いました。

教えていただいたベビーマッサージ通りではなく、

オイルもぬるぬるすると言って使うのを嫌がるし、くすぐったがって触られたくなさそうな所もあるし、

昨日はマッサージ途中から甘えて私の肩にのっかってきておんぶや肩車になったりと、なかなかアクロバティックな感じなのですが、笑

私たちなりのマッサージとスキンシップを楽しんでいます。

お兄ちゃんが、○○ちゃん(妹)が大好きすぎて、

夜せっかく○○が寝ているのに起こしたがって

わざと大きな声をだしたり、○○にチューしたり、顔中なめ回したりして結局起こして泣かせてしまうので、

私もイライラしてしまい、昨日はつい叱ってしまったのですが、

マッサージで触れ合っているせいか、

イライラの気持ちを全然引きずらず、お互いすぐ仲直りしてから寝かせることができました。


今までは寝かしつけのときにお兄ちゃんが○○を起こしてしまうのが本当にいちばんストレスで、

本当はいつも二人でニコニコしながら寝たいと思っているのに、

つい声を荒げてしまって、お兄ちゃんの寝顔を見て悲しくなることがよくありました。


毎日私の忍耐との戦いで、

よく寝ておいて自分のコンディションを整えて臨まないと太刀打ちできない

このストレスが何よりきつかったんです。


でも、それもこのままマッサージを続けていけば、なくなっていくような気がしています。

ベビーマッサージを体験できて

良かったです。

また2回目を楽しみにしています。




画像


いただいたメールに私はこんな返信をしました


お兄ちゃんの様子、昔の我が子を見ているようで、胸がいっぱいになりました。

私も同じ状況を乗り越えてきました。

本当に毎日忍耐との勝負でした…


だからこその今があります。

大変な子育てのおかげで、自分が変わり、ずいぶんたくましくなりました・笑

人生が豊かになったように感じます。


人は思い通りにはなりません。 

みんな違ってみんないい。


今でも、「そうくるか!」というような出来事は起こります。

でも、それはすべて、私にとって必然で、今の最善を選択し、前に進んでいけるようになりました。


○○さんも、前に進まれていますね。

お兄ちゃんにこそ、ベビーマッサージですね。

人はみんな見て・触れて・話かけて欲しいのですよね。

生きていること、存在していることを認めて欲しいから。


一見大変に見えるようなことがあった時こそ、ベビーマッサージなどでふれあいタイムを楽しんでみてくださいね。

きっと何かが変わっていきます。

子育てに自信を持てるようになります。

これからも○○さんの子育て、応援しています♪



そうしたら、続いて、こんな心温まるメールが届きました


・・・本当にそうですね。

人は思い通りにならないし、

みんな違ってみんないい。

頭でわかっているのに、

娘が生れたばかりの頃は

自分もいっぱいいっぱいで、

何だかんだで息子に言うことをきかそうとしていたんだと思います。


とにかく早くご飯食べて、

お風呂入れて、寝かせたい、

私も早く休みたい。


早く早く早く、
そればかりでいっぱいでした。


今はその段階から少し抜け出せて

夜子どもたちが眠りにつくまでの時間

絵本読んだり、しりとりしたり、

息子のでんぐり返しに付き合ったりして

少し心の余裕をもって過ごせるようになっていることに昨夜ふと気づき、

私も少しは進めているんだ、と思えました。


そのせいか、息子はこの1週間くらい

保育園でもすごくニコニコで、

お友達とも楽しそうだし、年下の子を笑わせていたり、

お当番さんの仕事を自分から手伝ったりして先生に誉められたそうで、

さらに誉められるような良い行動をするようになっているみたいです。


子どもの変化の早さにびっくりします。

そして、ママがニコニコ自分を見ていてくれることの安心感が子どもに与える影響の大きさに






画像



そして、こちらが私の返信です


そういう私も、長男が小さい頃、同じ気持ちでした。

「早く・ちゃんと・しっかり」なんて言葉を心の中で連発していたように思います。

子育てをしていくうちに、それは今自分が本当に望んでいることではないと気が付き、

「自分と息子のペース・最善・失敗もOK」に変わっていきました!

子どもは、親がしっかりなんてしていなくても成長します。

しっかりしていない方が育つくらい・笑

今の最善を選択し、失敗しても大丈夫。

それが成長の糧になるから…今は、それをはっきりと経験から伝えられます。

親がゆるむと、子どもものびのびとし、笑顔が増えますね(^^♪・・・




このお返事の続きを書くとしたら、

小さい頃、人とちょっと違った息子を心配して、口を出し、手を出し、取っ組み合いもして・・・

そんな私が、ある時から、息子を信じて、息子のよき応援団になろうと決めました。

叱咤激励という名の息子責め、自分責めもやめて、息子と自分の応援団になると決めました。


「お疲れ様。」

「よく頑張っているね。」

「やればきっとできる。」

「楽しんできてね。」

「きっと大丈夫。」


そんな言葉が増えました。

そして今、私が思春期の息子にできることは、

野球部、駅伝選手、塾通いを自ら選択し、決して休むことなく、あきらめることなく挑戦している姿を見守り、応援すること、

信頼すること、

毎日の食事(お弁当作り)、ユニフォームの洗濯・笑


そう自分の中で決めています。



先日、PEP TALK(激励のショートスピーチ)の講演を聞きました。


ポジティ語
ポジティブストローク
ラポール(信頼関係)
3種類の承認
プライミング効果・・・


などなど、感動的な講演を聞き、

このままで大丈夫と、背中を一押していただいた気がしました。


子どもは、気が付いた時には、あっという間に成長しています。

だからこそ、できるかぎり、

今を大切に…

子どもと戦うのではなく、平和を選択していきたいものですね。



最後に、なぜか、登場した以前書いたブログを貼り付けます。


スイミー子育て論!?赤ちゃん、子どもってなんでこんなに泣くの?
http://suimi-chan.at.webry.info/201511/article_10.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

サロン開催スケジュールはこちら

お申し込みはこちら

サロンのご案内

スイミー ホームページ

サロンのご案内

│├手遊び・ベビーマッサージ
│├親子リトミック
│├託児付ヨガ
│├ストレッチ・バレエ
│├フラ美クス
│├ホッとひととき保育
│├幼稚園座談会
│├フラワーアレンジ
│└ソーイングワークショップ

お申し込みについて

スケジュール

【スイミー子育て論】 みんな違ってみんないい。子どもと自分の応援団になろう♪ 子育てサロンスイミーin渋谷区代々木/初台・参宮橋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる