ブログを書くということ

画像
最近、ブログを読んでくれたお友達から「読みやすい文章だねぇ。」などと温かな言葉をかけていただくことが増えました。久しぶりに誉めらて嬉し恥ずかしの私です…

そんな折、母から私が小学生の時の日記が送られてきました。私の原点がまさに、ここ にありました。
両親が共働きで、私達の時代は学童保育もなく、下校後は自由な時間でした。日記からはお友達と元気いっぱい遊んでいる様子がうかがえます。生涯忘れられない、とても素敵な先生とお話できるのが嬉しくて、毎日一生懸命日記を書いていました。
 
 毎日一つ諺を教えて下さった先生。良い先生との出会いは、子どもの人生にも大きな影響を与えるものだとつくづく思います。この頃から、文章を書くことの楽しさを自然に教わり、書くことが好きになっている私です。

それから、ブログでは母が私にコメントを書いてくれています。やっぱり親子…読むと、よく寝ないと体調に出るところなど似ているなぁと思うこともしばしば…
 母は、私が家を離れて大学に行くようになってから、よく手紙を書いてくれました。何度手紙に励まされ、勇気づけられたことか…
 こんな経験からもやっぱり、書くことって、素敵なことだなぁと思います。

 これからも、マイペースにブログを書き続けようと思います

画像

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック