子どもとの遊び 解体遊び

画像
10月のふれあい子育てサロン スイミー(手遊び・ベビーマッサージ)は、おかげさまで定員に達しましたので、受付を締め切らせていただきます。ご参加のみなさま、楽しみにお待ちしております


公務員時代に、保育士の資格を持っていたこともあり、児童総合センターで一年間働いた経験があります。遊びのプロがたくさんのとっても楽しい職場でした。

そこでも、解体遊びプログラムがありました。作るプログラムが多い中で、あえて壊すプログラムです。壊すことで見えてくるものがある。壊して組み立ててみると、当たり前にある物 のすごさが見えてくる。遊びはその過程が何より大切であることをそこで教わりました。

先日、ちょうどオモチャが壊れたため、夫が「よーし、やるぞ」と解体宣言。オモチャを開いてみると、中は意外な構造になっていて…息子達は、楽しくてたまらない様子でした。壊れた原因を突き止めて、線を繋ぎ合わせてネジを回して蘇ったオモチャに、みんなで思わずすごーいと拍手
解体遊び、おススメですぜひ楽しんでみて下さい。

それから、今日は、運動会の予行練習でした。運動会委員の私も朝から子ども達と一緒に参加。間近で見られる子ども達の真剣な眼差し、頑張っている姿にパワーをもらいました。いつも、家では甘えん坊の我が息子のたくましさに感動
 本番前から、”外でこんなに頑張ってるんだもの、家では大概のことはおおらかに見守ろう” と心に誓った私です。

運動会が近くなると、我が家でもやっぱり運動会遊びが流行ります。新聞紙を丸めての玉入れ大会、かけっこやダンスに盛り上がります。子ども達と遊べる今の時間、大切にしたいものです。

画像

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック