子育て黄金期!?

画像
 少し前のことになりますが、学校から帰ってきた長男が、珍しく神妙な顔で、「お母さん、ねえ、お母さん!」と私を呼びました。

 何かあったのかと心配になって、「どうしたの?」と尋ねると…「お母さん、リコーダー買ってくれてありがとう。」とちょっと照れくさそうに言ってくれました。

 リコーダーは学校で、必ず必要な学用品の一つ。まさか、お礼を言われるとは思ってもいなかったため、その言葉に心がほんわか和み、嬉しい気持ちでいっぱいになりました

 私は子どもの頃、親に学校で使うものを買ってもらいお礼を言った記憶がないことに反省しました。

当たり前だと思っていることは、実は当たり前ではなく、それに気づき感謝することの素晴らしさを長男に教えてもらいました

ありがとうは、やっぱり魔法の言葉です


画像
 幼稚園小学校1年生の頃、人見知りが人一倍強く、お友達の輪に入っていけない長男に、手をかけ過ぎたかもしれない…と思っていたこともありました。

 でも、今になって、幼い頃は手をかけられるのであれば、かけられるだけかけてもよいのではないかな…と思います。

 大きくなるにしたがって、手ではなく心をかけるようにしていこうと思うこの頃です。

 最近の長男は、がらりと変わり、毎日たくさんのお友達と積極的に、汗びっしょりになって遊んでいます。

 反抗期前の子育て黄金期。反抗期を乗り越える前の充電期。楽しい思い出をいっぱい作ろうと改めて思っています。

画像
 …と、いいところで、締めくくりたいところですが、ここ最近、早速反抗期の芽が見え始めました。

言葉遣いがきつくなってきました~  黄金期は、そうそう長くないようで・・・

「うるせえ」「…じゃねえだろ」おっおっ噂通り、ギャングエイジに突入しています。

子育てってやっぱり山あり谷ありのようです



 写真のTシャツの絵は、図工大好きな次男が4歳・5歳の時に描いたものです

1年で、こんなに変わるものなのですね。子どもの1年って貴重です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック