【開催報告】岡田マリさんの子育てトーク ゲストとして伝えたこと

*スイミーサロンからのお知らせ*
(サロンの募集状況・ホッとひととき保育単発の空き状況などもこちらをご覧ください)



LINE@で最新情報をお届け  ご登録はこちら


2017-2018 年越しにあたってご参加の皆さまからいただいたご感想

2017年度卒業にあたってご参加の皆さまからいただいたご感想



画像


中学3年生の長男。

野球部の都大会出場が決まり、

昨日は、息をするのを辛いほどの猛暑の中、

13時から試合が行われました。

暑さとの闘いでした

9人中2人が熱中症で倒れ、一人は救急車で運ばれ、野球部の夏は終わりました


息子たち3年生の引退が決まったこの日、

2年生が泣きながら、一人ずつ言葉を送ってくれました

「強い先輩だった。僕たちも先輩のようになりたい。ありがとうございました。」

それぞれの言葉に思いが乗っていて、

こちらまでつられ泣きです。

子育てをして、何度も悔し涙を流してきましたが、

その涙が今では、感動の涙に変わりました




炎天下の中、死にものぐるいでがんばった球児たち。

感動をありがとう


爽やかな笑顔の息子を見ながら、

これまでの子育てが走馬灯のように浮かびます。

「あなたの子は何を考えているか分かりません。」

小学校4年生の時に、担任の先生にまで見放された我が子。

この時、私の中で、

私だけは、この子を理解しよう、分かろう、誰からも理解されなくとも、私だけは彼の応援団でいよう、と

心が決まりました。

正直、それまでは私自身も、彼を理解しようとしていなかった。

変わった子だとずっと思っていた。


スイッチが入る=決めたら物事は動き出します。

彼の「あること」を懸命に探しました。

「きっとこれから伸びるよ。伸びしろはいっぱいある。」

その言葉が、どんどん進化し、

数年。


私が変わったら、

彼が変わりました。

彼の表情まで変わりました。


長くなりますので、詳しくはまたの機会に。




画像


子育てトークでは、この辺りのことをお伝えさせていただきました。


嬉しいご感想も届きました。

先日のセミナーではお世話になり、ありがとうございました。

最新の保育園状況をお伺いでき、また、子育てヒントをたくさんいただき、とても有意義な時間でした。

あの後、参加者の方とお茶をして、自分も復職に向けてそろそろ始動しなきゃ!といい意味での刺激もいただきました。

本当にありがとうございました。



岡田マリさんからも。

先だっての子育てトークではありがとうございました。

お母さまたちに寄り添ったお話をご自身の体験とともにお話されていて、思わずウルッときてしまいました。

nicoさんのお話もとても興味深く、 お二人のサポートも安心してお子さまをお預けできました。



言葉は受けとめて下さる方がいらっしゃるからこそ伝わります。

受けとめ、さらに、こうして、ご感想として、私たちへ言葉をお贈りいただき、ありがとうございます

息子と同じ。

私もこうした言葉が、勇気となり、成長の糧となります。


画像


この夏、野球部を引退した彼は、今朝(次の日)、また早朝から朝ランへ走り出しました。

次は、秋の陸上競技会が彼を待っています。

この冬、受験も彼を待っています。

東京駅伝では、区間2位という、渋谷区初の新記録を出した息子。

きっと、また乗り越えていける。


今の私はそう言いきれます。

母として彼には成長させてもらいました。

子どもを信じること。

誰がなんと言おうと、心から信じきること。

そして、子どもが私のもとを巣立つその日まで、彼の応援団でいること。

親が子どもにできること、

それは愛することだと、
今強く思うスイミーです。


親バカであれ


私スイミーから、今、子育て中の皆さまに何よりお伝えしたい言葉です