こどもとお出かけ 渋谷区にある はるのおがわプレーパーク

画像
 運動会明けのお休みは、小学校のお友達と渋谷区の代々木公園近くにあるプレーパークに遊びに行きました。
自然の中で、マイナスイオンをいっぱいあびて、息子は生き生きとして、パワー全開木登りしたり、大きい丸太を切ってオブジェを作ったりとたくましく遊んでいました。地域の大人の方々が自然に手解きをして下さったり、知らないお友達が力を貸してくれたり…ここには、都会に失われつつあるコミュニティがあることを実感しました
 スタッフの皆さんが温かくおおらかに子ども達を見守って下さっている姿勢には、見習うべきことがたくさん…本当にいつもありがとうございます
 これからの時代は、こうしたたくましく生き抜く力をつけてほしいと自分のことはさておき思う母でした。ベビーマッサージもこどもの本来持っているエネルギーを引き出すという点で、同じだなぁとつくづく思いました。

画像

この記事へのコメント

  • 則子バーバ

    こちらの孫の運動会も土曜日にありました。梅雨の合間の晴天に恵まれ、二人ともよく頑張っていました。月曜日が代休になり、孫たちと一泊で京都に行きました。娘が大学生活を送っていた頃は、あちこち随分歩いたなーと、当時が懐かしく思い出されました。
    ホテルを早朝に出て、東山あたりを散策しまた。心静かにゆったりとした気分で散策すると、本当の京都のよさに浸れます。途中から急に修学旅行生が増え、賑やかなこと。観光に訪れた外国人に、小学生が明るく挨拶を交わしたり、サインをしてもらったりしている光景はほほえましい。中学生たちがグループごとにタクシーに便乗し、観光しているのには疑問を感じた。自分たちで地図を見ながら歩いてこそ印象に残るのではないのかと・・・結果を早く求めすぎる今の教育。たとえ失敗し、曲がり道をしても、その過程で得られるものは人を大きく成長させる。子育てもそんなゆとりがほしい。今この歳になり自分の子育ての反省も込めて、思うこのごろです。
    2011年06月08日 10:38

この記事へのトラックバック