【開催報告】体にハッピーな抱っこの仕方~赤ちゃんとママがもっと幸せになるだっこ

(サロンの募集状況・ホッとひととき保育単発の空き状況などもこちらをご覧ください)

1/31(金)開催の離乳食講座、若干名募集中です!!


1579845748922.jpg


















こんにちは
スイミースタッフ兼「発達あそびクラス」の講師のMikaです。

先日、「体にハッピーな抱っこの仕方~赤ちゃんとママがもっと幸せになるだっこ」を開
催しました。ご参加の皆さま、ありがとうございました。
(残念ながらご欠席の皆さま、次の機会にお会いできるのを楽しみにしています)

今回はこの講座のご報告です。

スイミーさんの自宅サロンで4組の親子さまにご参加いただきました。

「上の子の送り迎えで下の子をエルゴでおんぶしているんだけど、その時の姿勢が気になる」

「スリングを使った抱っこやおんぶのやり方を知りたい」

「エルゴの正しい使い方を知りたい」

「手首が腱鞘炎になってつらい、腱鞘炎にならない縦抱っこの方法を知りたい」など、みなさん抱っこに関するお悩みをお持ちでした。


まずはママと赤ちゃんが快適な素手抱っこの方法から。

月齢によって、素手抱っこの仕方も少しずつ変わっていきますので、月齢ごとのポイントや、腱鞘炎になりにくい腕の使い方、「まるまる抱っこ」の方法をお伝えし、実践してもらいました。

素手抱っこが上手になった後は、抱っこ紐の種類と特徴について説明しました。

どのメーカーの抱っこ紐を使ったとしても、

①高い位置で、②背中はCカーブ、③脚はM字開脚、④首を支えて、⑤お手ては口元に

という5つのポイントを押さえることで、赤ちゃんはより快適に過ごせます。

その理由と、実践方法について説明しました。

その後、ママたちには、へこおび(さらし)、おくるみ、スリングを使った3種類の抱っこを体験してもらいました。

ご希望に応じて、月齢の大きいお子さんには、スリングやへこおびを使ったおんぶも体験してもらいました。

今回ご紹介した3つの抱っこ紐はいずれも、布で赤ちゃんを包むタイプの密着型。

ピッタリとママに抱っこされた赤ちゃんはみんな幸せそうで、お部屋が幸せオーラに包まれました。
(ママと赤ちゃんのラブラブな雰囲気に私もスイミーさんもうっとりと酔いしれました)

実際にいろいろな抱っこやおんぶを体験したママたちからは
「すごい密着感!!」、「全然辛くない」、「最近、後追いがひどいので家でやってみます」、
「家事するときにこれでおんぶすると良さそうですね」などの声が聞かれ、
今からすぐに使えて、今より生活がラクになる方法を見つけてくれたようです。

お帰り支度中には、今お使いの抱っこ紐をより快適に使うためのワンポイントアドバイス
もさせていただきました。

「次に買うとしたらどれがおすすめ?」といったご質問にもお答えしました。

どの抱っこ紐にも必ずメリット、デメリットがあります。

その点をしっかり認識した上で、ママと赤ちゃんに一番合うものを選択できるようアドバイスしています。

これからも続く抱っこ生活が、今よりもっと快適にそして幸せなものになるように、盛りだくさんの内容を詰め込んだこちらの講座。

これからも、たくさんのママと赤ちゃんに抱っこの心地よさを伝えていきたいと思っています。

次回開催のご要望などがありましたら、お気軽にスイミーまでご連絡ください。

ご要望をくださった方と日程を調整して、開催いたします。

20-01-29-17-01-02-445_deco.jpg


















嬉しいご感想もいただきましたので、最後にご紹介させていただきます。

先日(1/24)は抱っこ講座に参加させて頂きありがとうございました。

お礼が遅くなりすみません。

抱っこ紐や素手抱っこの悩みが解決しただけでなく、おんぶについても教えていただき大変役に立ちました。

今までおんぶをあまりしてこなかったのですが、赤ちゃんの発達に良いと聞き、私は兵児帯の感触がとても良かったので、購入を検討中です。

ティータイムに頂いたはちみつドリンクとお菓子、とても美味しくて幸せな時間を過ごすことが出来ました!

本当にありがとうございました。


なんとも嬉しいご感想、ありがとうございます!!

寒さも吹き飛び、心がポカポカになり、幸せ気持ちに包まれました♡

ご要望ありましたら、またぜひ開催させていただきます。

毎日の抱っこが、少しでも快適に、そして、ママとお子さまの体に優しいものになることを願わずにはいられません☆

この記事へのコメント